アン・シネのフィールドでの夏のスキンケアのノウハウ…すっぴんもあります。

夏が近づいてきました。日差しが大幅に強まったことだし、最近は「紫外線との戦い中」なんですよ。

今回はゴルフを楽しむ方に役立つスキンケアのノウハウを公開しようと思います。

[ip5_divider style=”dashed” margin_top=”10″ margin_bottom=”10″]

最近はスキン、ローションなどの基礎化粧品でも、紫外線(UV)カット機能がある場合が多いです。ただ、一度顔に塗ると、皮膚保湿、保護の最初のカバーになります。その上に、本格的に日焼け止めを塗っていきます。さらに、化粧する際に主に使うベージュ色のファンデーションを塗れば、紫外線三重遮断効果になります。

スポンサーリンク



「エアクッション」として顔にパタパタすることができるツールがありますが、それをゴルフバッグに入れて持ち歩いています。通常6ホール程度回ると日焼け止め、化粧などが部分的に落ちてしまいます。その時にファンデーションを利用して重ね塗りをします。顔だけでなく体にも日焼け止めをたくさん塗っているそうです。

スプレーの日焼け止めもオススメですよ。肌に先に塗って途中消去部分にスプレー日焼け止めをかけると効果が良いと思います。ただしスプレー日焼け止めだけ利用すると、皮膚にまんべんなく分散することが難しいため、後で肌の色に差が生じることがあってお勧めはしません。塗ると根は日焼け止めの両方並行するのが良い。

母に似て皮膚は強いほうだが、それでもニキビ肌でした。成人になって多くないですが…。スキンケアは好きな方だから、家でも、日焼け止めを塗ったり、化粧が落ちると重ね塗るので、洗顔は毎日のように丹念にします、また、皮膚のメンテナンスを、専門的に受診しています、だいたい3~4週間に一度程度です。

洗顔する時も段階があります。最初はぬるま湯で毛穴を軽く開き、最後には、冷たい水で浴びるように洗顔します、目、鼻の周りのようなところに洗顔料が残らないように洗うのが良い方法なんですよ。

以前に住んでいたニュージーランドではスキンケアがとても重要でした。ニュージーランドの上空にはオゾン層が多く破壊されていて、人々が紫外線に無防備にさらされたりしたんです。前コーチも皮膚癌になり耳の両方の上部を切開しなければなりませんでした。ニュージーランドの学校では休み時間には帽子をせずには外に出ないようにと言う校則もありました。

ツアーでは多くの選手が紫外線遮断に気を使うようです。選手たちは日焼け止めの使用はもちろん、パラソルもしっかり使います。海外ツアーであまり見かけませんが

化粧品だけでなく、食品の摂取量もスキンケアとともに大切です。水をたくさん摂取するのが一番いいんですが、果物をたくさん食べるようにしています。特に午前中に食べることが多いです。

スポンサーリンク



胃の調子が良くないようであれば刺激的な食べ物は避けています。その時は果物もバナナのような滑らかな種類を食べたりしている。果物は水分と栄養が多いのでスキンケアはもちろん、コンディション維持にも役立っています。

ゴルフ選手たちは、太陽の下に多くさらされているために、肌を保つことができているのは、安定した管理のおかげだと思います。

韓国のスポーツ経済の記事より、一部抜粋。

[ip5_divider style=”dashed” margin_top=”10″ margin_bottom=”10″]

 
6/22 アース・モンダミンカップ 予選から放送します。