先週、千葉県で開かれた日本女子プロゴルフ(JLPGA)ツアーアースモンダミンカップでアン・シネ選手と同じ組に編成された吉田由美子選手(30)が予選中に取材陣に向かって叫んだことを話題にしていました。これは、今後もあり得ることなので、ゴルフだけでなくマナーは気をつけてもらいたいですね。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–medium” title=”アン・シネと同組 ゴルファー、競技中の取材陣に叫ぶ!” ]


スポンサーリンク 



夕刊フジの内容によると、アン・シネ選手の姿をカメラに収めようとした取材陣に向かい、吉田選手が「申し訳ありませんが、写真ストップ撮影と “と叫んだと言うことを韓国メディアが発表しています。

確かに、アン・シネ選手は、ボリューム感あふれるスタイルと美貌で日本国内でもかなりの認知度が出てきています、アン選手の姿を撮影するために、多くの取材陣が殺到しているのも確か。この日も、アン・シネ選手が靴に入った異物を抜くために靴を脱ごうとしただけでも、あちこちカメラのシャッター音が止まなかった為、吉田選手が「やめなさい」と叫んだそうです。当然の行為だと思います。

また、日本のメディアはアン・シネ選手について「人気を得ている理由は、容姿からであり、彼女に集中する取材陣のためにアン・シネ選手と一緒にラウンドを回りたくない選手が続出している」と報道した。

スポンサーリンク 



このような報道が、韓国で報告されると、日本人のマナーが疑問視されますし、最悪、苦情が出ればアン・シネ選手にも、影響が出ます、ほんとやめてほしいです。