「サマンサタバサレディース」(茨城県イーグルポイントゴルフクラブ)の最終日。白に黒のストライプが入ったウェアにロングパンツで現れたアン・シネ。雨の日以外は、ショートパンツかミニスカート姿だったので期待していたギャラリーはがっかりしていた。

 

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”日本女子プロゴルフ(JLPGA)ツアー5戦目、同15位” ]

前半を1バーディ・1ボギーのパープレー。着替えてホットパンツ姿になった後半は、13番と15番でバーディを奪うなど検討。結果的には3バーディ・1ボギーの“70”であがり、トータル1アンダーの15位タイでホールアウトした。

ロングパンツ姿について、「日焼けしすぎて真っ黒になったから」とアン・シネ。今日ネットニュースなどで流れた、アメリカのLPGAがボトムエリアを隠せない長さのスカートやスコートの着用に対して罰金を科すことを決めたニュースについて聞くと、「知らなかった」ただ、「不快感を与える恐れがあるなら規制も必要」とコメント。

今大会でのプレーについて、「自分が思ったようなショットが出せず悔しかった」

次回は「大東建託・いい部屋ネットレディス」に出場予定。

画像:galaxiasme.com/

スポンサーリンク



 

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–medium” title=”5戦を戦い終わって。” ]

日本の気候に左右された感じはあるが、環境には対応できることがわかった、相変わらずギャラリーを引き連れての移動は、見てる側は楽しい、

5戦を終わって、賞金3,690,000円となった。多い少ないでは測れないが、ギャリーが増えた分少しでも多く持って帰って欲しいものです。

日本女子プロゴルフ協会のホームページより