韓国に帰国中のアン・シネ。
彼女のプレーを追うギャラリーやファンは多く、

アン・シネが出場する試合は、成績に関係なく話題になる。
理由はどうあれ、プロである以上、人気と実力は必要。

バラエティ番組にも注目されているからこそ出演できていると考える。

[ip5_divider style=”solid” margin_top=”20″ margin_bottom=”20″]

강원도 조하 드라이브 조하 날씨 조하 바람 조하 ❤️

Shinae Ahnさん(@shinaeahn)がシェアした投稿 –

[ip5_divider style=”solid” margin_top=”20″ margin_bottom=”20″]

スポンサーリンク



[ip5_coloredbox color=”colored-box–green” width=”50″]さて、早くも来年度の心配を[/ip5_coloredbox]

来季シード権を獲得するには賞金ランキング50位までに入らなければならない、
残念ながら現在は80位~100位を上下するだけ。

もともと、試合数が少ないので仕方ない。

実は、優勝しても50位以下の選手が2人もいるのだ、それだけ簡単ではないということ。

では、あと何試合出場できるのか。

決まっているのは、

マスターズGCレディース(10月19~22日、兵庫)
大王製紙エリエールレディス(11月16~19日、愛媛)の2試合。

出場権待ち
伊藤園レディス(11月10~12日、千葉)

どう考えても、大逆転は試合数が少なすぎる。

 

 

本人も、出る意向を表明している。
2017年度 予選ランキング 45位だった。

他の選手の結果によってだが、マスターズGCレディース(10月19~22日、兵庫)正確に書けば、出場しない、樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント10月27日~10月29日終了時、ランキングが70位以内でなければ、セカンド予選会(10月31日~11月2日)からの出場となる。

ここで通過しなければ来年は日本ツアーには当然出場できない。

ちなみにサード予選会QT(11月21~23日)の予定。

ピンチである。

スポンサーリンク