「アン・シネは悩んでいる」韓国でのプレーに集中すると語った理由は?
『SBS Golf』のインタビュー記事より 7/10

『SBS Golf』のインタビューで、「(今季の)下半期は韓国ツアーに集中する計画」と明かしている。

ゴルフ界の“超絶セクシークイーン”は参戦前から日本で大きな関心を集めた。
ゴルフ・メディアだけでなく一般紙やテレビ番組にも出演するなど旋風を巻き起こしてきた。

 

そのことについてアン・シネは、
「韓国では地上波テレビ番組にゴルフ選手が出演することはほとんどありませんが、日本でそういう機会をいただけてうれしかったです。光栄なことですよね」と話している。

 

また、今年5月には写真集も日本で発売し、現役女子プロゴルファーが水着姿を披露したこともあって話題になった。

 

スポンサーリンク



そんな人気を集めているなかで、アン・シネが日本ではなく、韓国でのプレーに集中すると語った理由は?

アン・シネが韓国メディアに意味深発言!! 「下半期に集中するのは…」宣言の真意とは?

先週の大会は、は咽喉炎を患うなどコンディションを崩し、一時は棄権することも考えていたらしい。

それでも体調不良の中、非常に珍しいマスクを着用して試合に臨んだ。

 

KLPGAツアーのシード権

今まで、KLPGAツアー通算3勝を挙げているアン・シネだが、直近の優勝は、2015年のプレーオフの激戦を制した『KLPGAチャンピオンシップ』から無い。

そのため、アン・シネに与えられるKLPGAツアーのシード権は2019年まで

 

つまり、来季以降のことを考えれば、韓国ツアーに集中することも選択肢として必要ではないか

とアン・シネは考えているのではないのか?。

 

昨年、どうしても欲しかった日本ツアーのシード権も取れないばかりか、
ファイナルQTでも結果を残せず、今季は主催者による推薦出場が中心となっている状態。

練習をいくらしても、試合経験には勝てないと考えているようで、
プレー感覚を鈍らせたくないとも言っている。

 

その上、KLPGAツアーでも結果を残せないとなれば本末転倒。

 

今季は「アン・シネを超える逸材」という声も出る“次世代セクシークイーン”ユ・ヒョンジュもシード権を失い2部ツアーでプレーしている、これを知ってしまえば人間である以上不安になることを責めることは誰にもできない。

 

ただ、KLPGAツアーに専念するということは、
日本で彼女の姿が見られなくなると言う事。

回数が減っても、果敢にトライして、グリーン上で会心の笑顔を見たいのは、私だけではないはず。


引用:www.fomos.kr/sports/

 

「下半期は韓国ツアーに集中する計画」?

昨季から日本の女子ゴルフ界にフィーバーを巻き起こしているだけに、日本でその姿を見る機会が減ってしまうのであれば寂しさも感じるが、今後日本での活動にはどのような影響をもたらすことになるのだろうか。

 

韓国メディアの取材に対し
「今季はちょっと出遅れてしまっていると思っています。
ただ、スロースターターだと言い聞かせ、これからシーズンが始まるつもりで頑張りたい。
下半期は、新らしい気持ちでシーズンをスタートさせたいです。
今からでも良いプレーをたくさん残していきたいです」

スポンサーリンク 



 

日本で彼女の姿が見られなくなる???

“セクシークイーン”の活躍が見たいという日本のファンも多いのも確か、

「後半戦もいくつかの大会から主催者推薦での出場を検討いただいています」とマネージメントを担当する関係者は答えています。

 

彼女の日本挑戦をサポートしようとする動きは、今もなお健在。

 

昨年の人気を考えればわかるのですが、プロである以上結果が全て。

 

インタビューでは「今の結果のままであれば、韓国ツアーに集中したいと考えています」と明かしているアン・シネ。

その思いもわかる、今後も注目していきたい。